今日は、生まれて初めてのことがあった。

出先のBGMで、私の演奏がかかってた❗
すごく、びっくりした…💕

最近、自分の音について
悩むことがあって、
その、つまり、癖が強いなあ…と。
そして、重たい…。

それはまるで、
私そのものの悩みであるかのよう。

私は、体よく気の利いたことも言えないし
大人としてできて当たり前のことも
全然、上手にできない。
そして、ちょっとした変化も全身で反応してしまい、
すごく、疲れる…💦

他者が、私をよく評価してくれたとしても
それが、私自信と違うと思ったら
思いっきり、拒絶してしまう。

そう、音の悩みは
扱いづらい自分そのもので…。

でも、そんな私の気持ちを知ってか知らずか
沢山の人たち、顔形、気持ち、全て
全く違う、その場にいた人たちに混じって
私の音は、とっくの昔に私の手から離れて
まるで、一人の人間であるかのように
胸を張って、人々の中を歩いているようだった。

車に戻ってから
ぼろぼろと、涙が溢れた。

これまで、長い歴史の中で
沢山のアーティスト達が
自分の愛する、美しいものを守ってきた。
時に、その姿が人には奇異に映っても
自分の心を大切に
表現し、作品を生み出し続けた。
そういう表現が、私たち人間を豊かにして
決して、理屈や決まり事で割りきることや
計りきることのできない
心を、感性を磨いて
人間を、より人間らしくしてくれる。

私は、決して自分を「よし」とは思っていない。
むしろ、限られたことしかできない、
どうしようもない人だと思っている。
それならば、余計に
自分の心をしっかり受け止めて
愛するものを、より愛して
私らしく、表現し続けようと思った。

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=5346779422021605&id=100000688000598

Share