060202_0000~0001先日、息子がお世話になっている保育士さんが

産休に入られた。

私も感謝の寄せ書きを書かせていただいた。

 

日頃、保育士の先生方とお話ししていると

仕事の同僚同士のつながりが強いような気がする。

ほかにも、例えば

・人は一人ひとり違う

・大切なことは一回では伝わりきらない、重ねて重ねて分かり合える

・効率を求めていく中で失うものもある

そういう、社会の中で必死に生きていると

時には忘れてしまいそうになってしまうことも

当たり前の、大前提としてしっかりあって

それを踏まえて、保育の方法論があるんだなと

感動することがたくさんある。

 

素敵だなあ。

 

次回のワークショップ、5月23日11時からです

 

ヴィオラ・ダ・ガンバのレッスン等、お問い合わせはこちらまで

 

 

 

Share