あわただしかった今月でしたが

無事に「シターと歌の会」務めさせていただきました。

やすらぎ邸さんには、9月も大変お世話になりました。

 

今月から、秋のプログラム

夏の明るさで目が眩んでしまうものを

じっくり味わいなおすようなイメージで

曲を選びました。

 

「シターと歌の会」だと、

なにか、音楽作品を提示するというよりも

一緒の気持ちになれるように、和が生まれるようにと思い

演奏しているので

会を重ねていくうちに

ヴィオラ・ダ・ガンバでも、今までと少し違う気持ちが

生まれているのを感じます。

 

来月も頑張ります。

 

無料体験レッスン、お問い合わせください。

 

 

Share