今年度から息子は地元の大きい保育園に移った。

一見、すぐになじんだようにも思えたけれど

年少になったこともあり、

お友達同士、どうやって気持ちを通わせたらいいのか

戸惑うことがあると打ち明けてくれるようになった。

そんな中、仲良くしてくれた子が

引っ越しで保育園をやめることになった。

今日、その話をして

一緒にお礼の手紙を書こうね、というと

息子は小さくうなずいた。

淋しい気持ちをぶつけてくることはしない。

***

今の保育園になり、

預かってもらう時間が増えることになった。

けれど、毎日歩いて送り迎えする時間は大切にしている。

子供と手をつなぐと、

透明な、さらさらした、清らかなものが

手から伝わってくるような気がする。

たくさんの人と出会い、関わりが持てるのは宝、

工夫して、練習して、人と和合する喜びを知ってほしい。

年齢的なこともあるので

先生にもよくお願いした。

***

昔は「子供に悩みなんてないのよ」っていう人もいたけれど

それは、やっぱり間違いで

小さい子でも、淋しさ、戸惑い、葛藤

そしてもちろん、喜び、楽しさ、わくわく

そういうたくさんの気持ちがごちゃ混ぜなんだと思う。

そんな中、父母会の企画で

保育園でシターとピアノを弾くことになった。

シターはともかく、人前でピアノを弾くのは高校以来だなあ。

子供たちの心に届くよう、頑張ってこようと思う。

 

Share