ご報告が少し遅くなってしまいましたが

おととしから手掛けていたCDが形になりました。

今回も、本当にたくさんの方にお世話になりました。

***

内容は、テオルボとのデュオです。

マレ、デルヴェロア、デュマシ、ド・ヴィゼ(テオルボのソロ)など

フランスバロックのレパートリーから録音しました。

デザインも表現のあるものにしたくて

中学時代の同級生だった、写真家の橋本直子さんにお願いしました。

こちらのイメージや細かい要望に丁寧に応えてくれて

素晴らしいものになったと思います。

***

日本に帰ってきてから10年が経ち

何もかもがこれまでと違う生活です。

今回録音するにあたって大きいのは、

演奏を聴いてくださる方とお話ししたり、

生徒さんも増えてきて、レッスンの中で一緒に音楽を作ったり

そういった交流が増えたことです。

もちろん、私にとって音楽は言葉にできないくらい大切なもので

大切だからこそ、

ほかの人が感じる音楽も、同様に大切にしたいという想いが

強くなっていきました。

***

どんなことでも、仕事にすると責任が伴うので

純粋な気持ちだけで続けていくことは難しいと思います。

でも、ありがたいことに、周囲の理解もあり

こういう気持ちで最後まで取り組めたことは

幸せでした。

***

また、アマゾンにお願いして販売したり

手続きをあれこれ…、の作業が残っています。

発表の演奏会もこれから企画します。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

藍原ゆき

 

Share