先日の日曜日

音庵主催の演奏会を無事に終えることができました。

最初から最後まで、弾きっぱなしで

終わるとちょっとぽーっとなって

写真とかを撮るのを忘れました…

***

今年は初めての試みで

音楽教室全体の演奏会を、年間2回企画しましたが

たくさんの生徒さんに前向きに取り組んでいただき

私自身、多くの気付き、学びを受け取ることができました。

***

きっかけは、言葉でいうのは難しいけど

レッスンで生まれる音楽の喜びを

日常の、些細な瞬間にも身近に感じていただきたいと

思ったことでした。

そして、だんだん

それぞれのご事情、社会的、家庭的責任があるうえで

まっすぐ、楽器に向かう生徒さんたちの姿に

いつの間にか、励まされ

勇気をもらうようになっていました。

***

最近、演奏においてますます感じることは

たとえ、演奏解釈や音、形が一見似ているようであっても

演奏者が心から感じたものであるか、否かは

やっぱり伝わるなあ…と。

生徒さんにも、自分の音を出すこと、自分の音楽をすることを

最優先にしてもらいたかったし

私ができるのは、

お手伝いに過ぎないと思います。

そういう想いでレッスンをしていると

音楽を通じて、人と触れて、心に接するというのは

なんて素敵な、素晴らしいことなんだろうと

胸がいっぱいになります。

***

思えば、私は我が強くて、あまり社会性もなくて

はっきり言って、おばかで

辛いこと、悲しいこと、淋しいこともたくさんあったけれど

こんな私にも、励ましてくれる人、力になってくれる人に恵まれて

がんばってこられて、ほんとにありがたいなと思いました。

これからも、心に届く音楽を求めて

まっすぐ進んでいきたいと思います。

 

Share