仕事はじめということで

床のフローリングをアウロのワックスで磨いた。

たまに磨いておくと

毎日の掃除で少しずつツヤが出てくる。

***

この作業をするとき

イタリアで演奏に行った

ピエモンテの小さな教会を思いだす。

そこは、長い時間をかけて

ご信者さんが木目を亜麻仁油で磨いた独特の輝きがあって

本当に美しかった。

今年も、私ができることはたぶん、結構限られていて

自分の無力さを歯がゆく感じることも

結構あるのかもしれない。

だけど、丁寧に向き合って

大切なことにできるだけ力を入れていきたい。

***

早いもので、日本に帰国して10年を超えた。

9年滞在したイタリアでの日々は、苦しいくらい懐かしく

思い出すことが切ないときもあり、

うまく、話せなかった。

けれどこれからは

私が経験させてもらったことで、

なにかお役に立てることもあるのなら

頑張って、語って、お伝えしていきたいと思う。

Share