一日の始まり♪

小学生の時のこと
掃除の時間、
拭き掃除をしたばかりの廊下を通ったら
そこの掃除をした子に
「ムカつく」と、言われた。

その時には、
「廊下を通るのは当たり前なのに
なんて、嫌なことを言うのだろう」
と、心の中でその子を責めた。

今、思うと
「綺麗にしてくれた所を、ごめんね」と
一声かければ
仲良くなれたかも知れない。

だから、うちのマンションで
清掃中の時には
なるべく、声をかけて通ることにしている。

楽しい、一日の始まり♪

Read more ...

子どもたちのカード

あっという間に、三月に入って
もう一週間…。
子育て中の生活は、やっぱり学年末感がある。

息子のクラスで、
今月をもって保育園を辞めるお子さんがいる。
仲良くしてくれた感謝と、ご挨拶の気持ちを込めて
みんなで一枚ずつカードを作り、
ホルダーに入れて、お渡しするので
まとめ役を買って出た。

年中の終わりの子供たち、
彼らが一生懸命工夫して、頑張って書いたカードは
何とも言えず、心に響いてくる。
心の底から出た言葉、湧き上がる想いは
暖かさ、やさしさを伝えてくれる。

形こそ、仮に不器用なものであっても
人の心から出た言葉、想いを
どんな時も、まっすぐに受け止められる人でありたい。

Read more ...

CD、「今年の10枚」に入れていただきました

昨年発表させていただいた録音、
こちらのCDセレクトショップで扱っていただいています。
「店主の選ぶ今年の10枚」に入れていただきました。

http://blog.ameto.biz/?eid=1427677

ただただ、感謝です。
本当に、ありがとうございます。

***

テオルボとのデュオは、ちょうど7年まえに始まりました。
私が、テオルボの繊細な響きに魅かれて
ずっと、デュオをやりたいと思っていたことが
実現したような形で、嬉しかったものです。
テオルボは通奏低音ですが
伴奏にならず、対話的なイメージを大切にしてきました。

テオルボとのデュオの響きに向き合って
楽の音が長い歴史をこえて、人の心に寄り添ってきたこと、
その一端につながることのできるときめきを
ひしひしと感じるようになりました。

これからも、頑張ります。

Read more ...

「羽鳥慎一のモーニングショー」の取材を受けました

急なご報告ですが
「羽鳥慎一のモーニングショー」の取材を受けました。
明日(16日)、放送予定だそうです。

以前、飛行機の荷物室に…
ヴィオラ・ダ・ガンバを預けた際に
大きく破損して戻ってきた、という
ブラジル人演奏者のブログがあり
それに関して取り上げるので、
ヴィオラ・ダ・ガンバの説明をするというものでした。

今日のお昼に連絡を頂いて
夕方インタビューを受ける、ということになり
余り心の準備はできないまま、
できることを精一杯させていただこうと思いました。

演奏家として、自分の楽器が理不尽に破損するというのは
片腕がもげるくらいの大きな痛手だと思います。
インタビューの中では、わかりやすくするために
金額がいくらのものだったのか、という話も出てきますが
仮にお金で責任をとってもらったとしても
何の解決にもならないでしょう。

ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者を代表して
インタビューを受けるという責任重大な時に、
私のような至らないものが、
できることとは、なんでしょうか。

私が怒りや理不尽さを感情的に表現しても
それは何の意味もないことだと思いました。

演奏家には、楽器が大切、
人それそれ、大切なもの、共に歩むものがあると思います。

今回、楽器が理不尽に破損した、というニュースは
改めて、大切な存在そのものや、
大切なものと一緒にいることが当たり前なのではなくて、
とても特別なことなんだなということ
これから、大切なものと一緒にどう歩んでいきたいのか
私たちに問うきっかけなのではないでしょうか。

それを踏まえたうえで、怒りや感情ではなく
私が感じたこと、知っていること、思うこと
なるべく飾らずにお話ししたつもりです。

あまり上手にはお話しできていないと思いますが
よかったら、見てやってください。
ちょっと、楽器も弾いています。

Read more ...

やすらぎ邸クリスマス会

先日、シターと歌の会で伺った、

やすらぎ邸クリスマス会の写真を

送っていただきました。

先日、訪問演奏に伺った、やすらぎ邸クリスマス会の写真を送っていただきました♪

藍原 ゆきさんの投稿 2018年1月4日(木)

Read more ...

いってらっしゃーい

昨日が仕事始めで

さっそく、CDの注文を頂いた。

ありがたいなあ…。

梱包して送る準備をするのは

なんだか、楽しい。

離れた場所で、演奏を聴いていただけるのは

嬉しいなあ。

いってらっしゃーい(^^♪

Read more ...

床磨き

仕事はじめということで

床のフローリングをアウロのワックスで磨いた。

たまに磨いておくと

毎日の掃除で少しずつツヤが出てくる。

***

この作業をするとき

イタリアで演奏に行った

ピエモンテの小さな教会を思いだす。

そこは、長い時間をかけて

ご信者さんが木目を亜麻仁油で磨いた独特の輝きがあって

本当に美しかった。

今年も、私ができることはたぶん、結構限られていて

自分の無力さを歯がゆく感じることも

結構あるのかもしれない。

だけど、丁寧に向き合って

大切なことにできるだけ力を入れていきたい。

***

早いもので、日本に帰国して10年を超えた。

9年滞在したイタリアでの日々は、苦しいくらい懐かしく

思い出すことが切ないときもあり、

うまく、話せなかった。

けれどこれからは

私が経験させてもらったことで、

なにかお役に立てることもあるのなら

頑張って、語って、お伝えしていきたいと思う。

Read more ...

今年もよろしくお願いします

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

音庵も、今日から始動です♪

昨年は、おかげさまで

充実した楽しい一年でした。

今年も、音楽を愛する人のため、

音楽とともに何か扉を開こうとする人のため

音楽とともに、大切な場所に帰ろうとする人のために

頑張っていこうと思います。

藍原ゆき

Read more ...

2018年1月、ワークショップのご案内

早いもので、今年も残すところ少し。
新年のワークショップをご案内します。

来年も、よろしくお願いします。
藍原ゆき

☆ワークショップ@音庵(小野音楽教室古楽科)

楽器を触るのは楽しい、そんな想いで人が集えたらいいなと思い
始めました。
教室のあるチェンバロ、ヴィオラ・ダ・ガンバ、などと
時には参加者さんの持ち込み楽器も交え
その楽器に触れて、音を出して
セッションしてみましょう、という会です。
終わったら、軽食も出ます。
お気軽にご参加ください。

2018年1月20日(土)11:00 ~……
参加費:1000円
会場:小野音楽教室下高井戸分校
京王線、東急世田谷線下高井戸駅下車徒歩4分

要予約↓お問い合わせもこちらまで
ongaku.lesson@gmail.com
03-3325-5031

 

Read more ...

5日の「シターと歌の会」

先日5日に

「シターと歌の会」で伺った

やすらぎ邸下高井戸のスタッフさんが

写真を送ってくださいました♪

やすらぎ邸下高井戸のスタッフさんが、「シターと歌の会」の写真を送ってくださいました♪

藍原 ゆきさんの投稿 2017年12月10日(日)

Read more ...