ヴィオラ・ダ・ガンバクラス演奏会2022年春

今日は、
音庵ヴィオラ・ダ・ガンバクラスの演奏会を
無事に開催することができました。

新型コロナの影響で断念した回もあったので
三年半ぶりです。

生徒さんにはこつこつとお取り組みいただき
チェンバロの渡邊温子さんにもご協力いただいたので
ガンバの名曲を囲んだ
充実した会となりました。

雨の中ご来場くださり
応援下さったお客さまも
とても温かかったです。

今日1日だけでなく
ここに向けて、レッスンで
生徒さんたちと学びを重ねてきたこと、
その度ごとに、ヴィオラ・ダ・ガンバについて
演奏について
沢山の気付きがあったこと
振り返ると、宝物のようです。

頼りない私ですが
これからも生徒さんたちと一緒に
頑張っていこうと思いました。

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=5571405822892296&id=100000688000598

#ヴィオラダガンバレッスン #ヴィオラダガンバ教室 #藍原ゆき

Read more ...

新年度を迎えて

今日から息子は新学期🌸

お友達と会える嬉しさを滲ませて

朝から元気に出かける姿は

見送る側の心も明るくさせてくれる。

この時期になると思い出すことがある。

※※※

息子が小学校に入学した時

新人の先生が担任をして下さった。

初めての授業参観はびっくりした。

Read more ...

束の間のお花見

以前、

「お母さんが演奏家」という人の

話を聞くことがあった。

 

お母さんが、自分の世界に入っている時

子どもは何かと、気を遣うらしい💦

うん、そういう話はよく聞く。

 

私の息子も

そういう所がある気がする。

 

人に気を遣うのは、

悪いことではないけれど、

時には、どうしても開きたい扉があったら

 

どうしても、入りたいんです!

開けてください!

入れて下さい!

 

と、アクションを起こさなくてはいけない。

私は、結構それをやってきた(笑)

 

そういう時に、

人に気を遣っていては進めない。

 

※※※

 

息子は短い春休み。

2人で、桜が綺麗な公園へ

お昼を食べに行った。

 

私は、賢い母親ではないかも知れない。

優しい母親でもないのかも知れない。

 

でも、一緒に過ごす束の間

お互い、素敵な時間にできたら…

そう、思った。

 

※※※

 

楽器を弾かせてくれて、ありがとう。

音楽家として生きさせてくれて、ありがとう。

 

私は、沢山人に迷惑もかけてきたんだよ。

 

私は大したことはできない母親だけど、

身近な人と心通わせて

自分だけの道を切り開いて欲しい。

 

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=5503960382970174&id=100000688000598

Read more ...

ありのままの、「自分自身」で

最近、たまに従姉妹と

セルフポートレートのやり取りをしていて

すごく、楽しい💕

 

二歳違いなので

小さい時はよく一緒に遊んだりしたけど

ずっと、それぞれ別の道だし

従姉妹も若いときにアメリカに行って

私はイタリアに行ったり、今は日本で…

 

だから、数年前にLINEが繋がったときは

嬉しかった。

 

※※※

 

去年の秋に

人からかけられた、

ちょっとした言葉がきっかけに始めた

セルフポートレート。

それまでは、あまり自撮りに興味がなくて

ほとんどやったことがなかった。

 

でも、やってみると

「どんな自分になりたいか」とか

「何が好きか」「何にときめくか」

自分自信のことを見つめる機会になり

とても楽しい。

 

従姉妹のことも

なかなか会えないし、

別々の社会でくらしているけれど

送ってもらう写真の中から

彼女の、今までわからなかったこと

小さい時から、今まで続く

「自分自身でありたい」と願う

エネルギーが感じられるような気がする。

 

※※※

 

私も、気ままに好き勝手に生きていると

思われがちだけれど

人と調和しながら

与えられたお役目を果たせるようにと

一応、思って日々過ごしている。

あんまり、ちゃんとはできていないけど…💦

 

そんな中、スマホで自撮りする一瞬は

何をどう愛そうと、何をイメージしようと

誰にも迷惑をかけない、自由な

自分へのご褒美タイムなのかも知れない。

 

「何にときめき、何を愛するのか」

 

「本音」というか

「ありのまま」というか…

 

そんな、「自分自身でありたい」願いが

叶っている時間

私はなんともいえない、安らぎを感じる。

 

また、相手が

その人「ありのまま」でいてくれていること

そんな姿を垣間見る時に

私は、大きな大きな幸せを感じる。

 

https://www.facebook.com/100000688000598/posts/5501860736513472/

Read more ...

無意識にも、

無意識にも、「練習が辛い」と思うのは

無理に弾こうとしているからか

 

サーって解決すると

「練習って、こんなに心地よかったんだ」って

喜びが全身に充ちていく。

 

生徒さんにも

弾けないところを見せて欲しい。

わからないところは、言って欲しい。

絶対、必ず、寄り添うから。

一緒に考えるから。

 

もっと頑張って

いい先生になりたい。

 

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=5493375250695354&id=100000688000598

Read more ...

息子の大切な友人が

来月から名古屋へ引っ越すことになった。

 

寂しいね…💦

 

※※※

 

私は、偉大なるサボり母だったけど

にしても、たまに

子どもに本の読み聞かせをした。

 

本を選ぶときに

寂しい心、悲しい心を描写した内容を

どう、扱っていいのかわからず

無意識に避けてしまっていた。

 

けれど、今になってみると

寂しい想い、悲しい想いも

人の心を豊かにしてくれると

納得できる。

 

※※※

 

特に、仕事で、演奏で

時に、大海原に向かって

なにかを投げ掛けているような

不思議な感覚になることがある。

 

それが、誰かにとっていいのか、悪いのか

誰かとは誰なのか

なんだかよく見えてこないうちにも

投げ掛け続けなくてはいけない。

 

そういう時には

「よくわからない」が、きっと正解。

反応を急いで求めてはいけないこともある。

 

そんな状態を受け入れられるようになったのは

きっと、「愛するものとの別れ」という

寂しい、悲しい経験の積み重ねが

心を育ててくれたからだと思う。

 

どうすることもできない別れ

そのあと、想いをどうするのか

忘れようとすることに解決はない

どんな形で胸にしまうか

 

その辺りが、大切だったのではないかな、と。

 

※※※

 

私は、イタリアで9年お世話になったので

若い頃の友人は色んな国にいるけれど

今でも連絡を取ったり、

お互いの幸せを喜び合い

励まし合ったりしている。

 

そのことを、息子にも伝えた。

お友達は宝物

大切にしていくように。

 

頑張って❣️

 

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=5471510399548506&id=100000688000598

Read more ...

昨日、息子をピアノレッスンに連れていった。

義母は、今年の発表会曲

古典派のソナチネ第一楽章プラス

ロシアものか邦人作品でどうかな…と

提案してくれた。

 

ロシアものか…

 

バロック専門だと、

ロシアのレパートリーに触れられないので

息子のピアノを通じて

世界が拓けるようで、嬉しかった。

 

息子は一昨年、カバレフスキを弾いた。

去年はハチャトリアンを弾いた。

 

世界中の、音楽を志す人たちが

膨大な時間、楽器に向かい

ロシアものの作品に触れて

技術を磨いて、心を磨いているんだよ。

 

すごい豊かさじゃないか…

 

プーチン、なにがやりたいんだ???

 

※※※

 

ウクライナと聞いて

忘れられない思い出がある。

 

まだ、元気に電車に乗れていたとき

ゲルバーのピアノリサイタルに行った。

 

最初のベートーベン「熱情」で

初めて、演奏を聴いて

とてもリアルな、視覚的体験をした。

 

その後、「展覧会の絵」全曲を聴いて

「キエフの大門」は迫り来るような荘厳さだった。

 

※※※

 

息子の曲は、結局

「ソナチネを弾くなら全楽章を…」という

私の希望により

ロシアものは弾かないことになった。

また、機会があれば、ぜひ…

 

今日は青と黄色のツートンコーデにしてみた。

 

午前中の生徒さんは

マレの「タルタル人の行進」と

「アラベスク」をお持ちになる。

すごい異文化交流💕

 

バロック時代の人は

今の「多様性を認める」っていうテンションじゃなくて

もっと、直感的に

「素敵」ってときめいたんだと思うな…

 

今日も、心ときめく1日にしましょう💕

ヽ(*´∀`)ノ♪

 

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=5433007940065419&id=100000688000598

Read more ...

おはようございます☀️

急に春らしくなってきましたね🌸

 

私は、こういう季節の変わり目に

ホントに些細なことですが

日常生活の小さな習慣を

変えてみたくなります。

 

「なんとなく、やっている」ことに

意識を向けていくことで

今まで気づけなかったことに気づいたり

できなかったことにも挑戦できたらいいな🎵

 

いい1日にしましょうヽ(*´∀`)ノ♪

 

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=5427005070665706&id=100000688000598

Read more ...

今日は、クリニックに通院する日だった。

 

一年半ほど前、

甲状腺ホルモンが少ないことに気がつき

通いだしたクリニック、

すぐに合う薬が見つかり

夏に三ヶ月分処方してもらって

薬が切れていた。

 

実は、医者に行くことに苦手意識があり

先延ばしにしていたのだけれど

また、調子が悪くなるのも嫌だ。

 

夏に採血した検査結果は

これ以上投薬治療は必要ないという

良好なもの。

 

今月中に、念のためエコー検査をして

今後の治療方針を決めることになった。

薬も出なかった。

 

やった~ヽ(*´∀`)ノ♪

 

※※※※※

 

診療待ちの間、ボーッとすると

色んなことが頭を廻った。

その時間は心地よい💕

 

私は、「決めたことはやる」という

変な癖があり

それを最近、見直している。

 

いいことなのか、今に合っているのか

感じたりすることを放棄して

「だって、決めたことだから」というのは

もったいないことなのではないだろうか💦

 

「決めたから」

「今まで、そうしてきたから」

「いつも、そうだから」ということを離れて

その都度、改めて感じて

色んなことを判断して、向き合ってみたい。

 

感じる力を高めるためには…

 

なるべく、身の回りに好きなものをおく、

本当に語りたい言葉を使う

リラックス時間を大切にする

生活スペースを居心地よく整える

(寝具を清潔に保つ、など)

こんなところかな…

 

感じる力を高めるためにも、やっぱり

感じる力は必要なんだな…

 

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=5378500078849539&id=100000688000598

Read more ...