われは海の子

夏日が続きますね。

***

定期的に訪問演奏としてやっている

「シターと歌の会」

来月のプログラムをどうしようかなと思っている。

「われは海の子」、まだ早いかな、どうかな、

そう思いながら歌ってみて、

歌詞に魅了されてしまった。

繊細、かつ力強い日本語!

***

1.われは海の子 白波の

さわぐ磯辺の 松原に

煙たなびく 苫屋こそ

わがなつかしき 住家なれ

2.生まれて潮に ゆあみして

波の子守を 歌と聞き

千里よせくる 海の気を

吸いて童と なりにけり

3.高く鼻つく 磯の香に

不断の花の かおりあり

なぎさの松に吹く風を

いみじき楽と われは聞く

***

写真は2012年の夏。

妊娠中でいつも呼吸が浅く

都心の夏はとても辛かった。

つかの間の休息、潮の香りに癒された思い出。

 

無料体験レッスン等、お問い合わせはこちらまで

Read more ...

今日の小野音楽教室古楽科・カーテンをクリーニング

さわやかなお天気が続いていますね。

***

街中でも、制服が夏服になったり

これからの季節を気持ちよく迎える準備が見られて

なんだか、こちらまで心のメリハリがつく気がしてくる。

今朝は、ずっと気になっていたカーテンのクリーニングをした。

 

冬の間、冷たい空気から楽器を守ってくれていた、

厚手のカーテンは業者にお願いし

レースのカーテンは、洗濯機にかけた。

真っ白くきれいになったカーテンは、部屋を明るくして

すっかり、ご機嫌になった。

 

無料体験レッスン等、お問い合わせはこちらまで

 

Read more ...

おいしかった、カツオのボリュームカルパッチョ風

子育てして、仕事して

しかもその仕事がめちゃくちゃ面白かったりすると

時間は一分一秒もったいない!

そうなんだけれど、食事はなるべく自宅で

自分の好きな味付けで食べることに幸せを感じる。

 

今日はカツオのたたきがおいしそうだったので

好きなアレンジで食べてみた。

 

<カツオのボリュームカルパッチョ風>

材料:カツオのたたき、もやし2/3袋、キュウリ2本、新生姜2本、新玉ねぎ一つ

調味料:梅酢、ゆかり、塩麹、ポン酢、オリーブオイル

1.キュウリ、新玉ねぎと新生姜をスライスし、梅酢、塩麹、ポン酢を加えて、もみこむ。

2.もやしを塩ゆでして、冷ます。

3.カツオのたたきを薄目にスライスする。

4.キュウリの水分を軽く取り除いて、全部合わせ、ゆかりとオリーブオイルをかける。

 

味の染みた新玉ねぎは、辛みがほとんどなく

二歳の息子も抵抗なく食べられたようだった。

 

カルパッチョといえどかなり和風の味なので

ご飯に合います。

 

次回のワークショップ、5月23日11時からです

ヴィオラ・ダ・ガンバのレッスン等、お問い合わせはこちらまで

 

Read more ...

保育士さんと話していると楽しい

先日、息子がお世話になっている保育士さんが

産休に入られた。

私も感謝の寄せ書きを書かせていただいた。

 

日頃、保育士の先生方とお話ししていると

仕事の同僚同士のつながりが強いような気がする。

ほかにも、例えば

・人は一人ひとり違う

・大切なことは一回では伝わりきらない、重ねて重ねて分かり合える

・効率を求めていく中で失うものもある

そういう、社会の中で必死に生きていると

時には忘れてしまいそうになってしまうことも

当たり前の、大前提としてしっかりあって

それを踏まえて、保育の方法論があるんだなと

感動することがたくさんある。

 

素敵だなあ。

 

次回のワークショップ、5月23日11時からです

 

ヴィオラ・ダ・ガンバのレッスン等、お問い合わせはこちらまで

 

 

 

Read more ...

すごい夕立でしたね

昨日、自転車で保育園のお迎えに行った帰り

すごい夕立にあった。

最初は、ちょっとした通り雨だと思ったけれど

途中から、冗談のように降ってきた。

 

ある程度雨にぬれると

途中から、吹っ切れてどうでもよくなる。

 

帰って、熱いシャワーを浴びると

髪の毛に八重桜がたくさんついていた。

 

初夏に一歩近づくのを

思い切り感じられた気がした。

 

 

Read more ...

背比べ

柱のきずはおととしの

五月五日のせいくらべ

粽たべたべ兄さんが

計ってくれた背のたけ

きのうくらべりゃなんのこと

やっと羽織の紐のたけ

   (海野厚作詞)
 
最近、シターと歌の会を通じて
唱歌を歌うことが多い。
 
この歌も知ってはいたけれど
自分が大人になって、改めてみると
まるで絵本を読んでいるような
きれいな情景が浮かんでくる。
 
早いもので、もうすぐこどもの日
あちこちで楽しい歌が流れるといいなあ…
 
 
 

Read more ...

運転

最近、運転を頑張っている。

 

確か、23歳くらいの時に

イタリアで免許を取った。

現地ではたまに運転していたけれど

ナビを持っていなくて、もともと重度な方向音痴のため

運転に自信を持ったことはなかった。

日本に帰ってきてめっきり乗らなくなってしまったけれど

一年位前から中古の軽自動車を買い

ナビのおかげもあり、頻繁に運転するようになった。

 

先日、江東区の友人を訪ねた。

行きは首都高を通らず、下で行ってみた。

九段下やお茶の水のお堀を見ながら

電車を使ったのでは気が付かなかった新しい東京の見え方ができて

なんだか楽しかった。

 

思わぬきっかけで身近な街の素敵なところに気が付いた。

 

 

 

 

Read more ...

最近の発見

この前、すごい発見をした。

 

私のことなので、育児でなにかとうまくいかなかったり

「しょーがない母親だな」と自分で思うことがたくさんある。

 

そんなときに、

ご近所や身近に接する、子育てを終えた人たちに

自分の失敗談やうまくいかない話をすると

結構面白いネタとして受け取ってもらえることが分かった。

 

そんなことでも人に楽しんでもらえるのは

実にありがたいことではないか…

 

 

Read more ...

新しいこと

今年はいくつか
新しいことに挑戦できたのが嬉しかった。

例えば、シターでの歌の会を始めて、
あちこちで沢山の人と一緒に歌った。

ずっと前から、
なじみのある曲を弾いて欲しい、との要望に
いい形でお応えすることが出来なくて
心のどこかで、いつも探っていた。
ヴィオラ・ダ・ガンバを弾くときには、
楽器の良さが伝わるように弾きたいし、
レパートリーがすこし特殊。。。
そのなかでご縁があって、
シターでの歌の会が始まった。

私が主宰の演奏会ではないこともあり
なかなかこちらで活動をご紹介できなかったけれど
来年も深めていきたい。

Read more ...

湯たんぽだっこ

昨日、うちの息子がお世話になっている保育所の

保護者懇談会があった。

仕事を持つ親同士、

日頃、なかなか話したり、情報交換できることがなから

貴重な機会だった。

改めて思ったのは、

子供に、夫に、もっと言葉で語りかけるようにしたいなということだった。

息子は早いもので、

年明けに二歳になるが、

今はちょうど、しゃべることが面白く

言葉にならないような言葉で、見たもの、感じたこと

沢山の感動を伝えてくる。

大人になっても、それを当たり前にしないで

いいなと思ったことを身近な人に語れたら

毎日がもっと、面白くなるだろう。

***

先週、急に寒くなった日から

風邪を引いてしまった。

今はだいぶ落ち着き、咳だけ残っている。

昨日の夕方、湯たんぽをジャンパーに入れて保育所まで走ったら

湯たんぽがころんと落ちた。

***

湯たんぽにはじんわり温かくなるような良さがあり

冬に愛用している。

それを貼るカイロみたいに、身体につけておく方法はないかな…、と

あれこれ考えて、

今朝、いい方法を思いついた。

何ヶ月も前から余り出番がなくなっただっこひも、

そろそろ、どなたかにお譲りしようかなとも思っていたけれど、

その中に湯たんぽを入れておくと、おなかや背中が温められる。

低温やけどに気をつけながら、お試し下さい。

Read more ...